先輩が助けてくれたとき

私は忙しくなってしまうとすぐに頭の中が混乱して、今までやろうと思っていたことができなくなってしまったり指示されたことを間違えてしまったりすることが多いのですが、看護師になって経験を積んで3年が経過した頃、看護師になったばかりの頃と同じように忙しい中頭の中が混乱してしまい、すごく困ったことがあったんです。その時にそんな私を見て先輩が手助けをしてくれたのですが、そのときには助かったものの、しばらく時間が経ってからすごく反省してしまい、私は看護師が向いていないのかと思ったことがあります。3年の経験を積んでいながら、忙しくなったくらいで何をすれば良いのかわからなくなってしまい混乱するなんてすごく恥ずかしいことだし、自分自身が情けなく感じてしまったんです。

助けてくれた先輩にはすごく感謝していますが、こんなふうに先輩に迷惑をかけてしまい、今後も私は成長しないのかと思って看護師のほかに向いている仕事を探そうかと思ったことがありますが、その時にたまたま家族で集まる事があり、私の仕事を誇りに思っていると母が言っていたのでその言葉を胸に今でも頑張っています。ようやく最近は忙しい中でも頭が混乱してしまうようなことも少なくなり、ある程度落ち着いて仕事ができるようになってきましたが、まだまだ後輩を助けてあげられるような先輩看護師には程遠いので、私も後輩をいつか助けてあげられるような看護師になりたいと思っています。

年齢や経験関係なくギブアンドテイクで良い

確かに看護師の仕事には先輩看護師や後輩看護師がいますから、こういった関係の中で揉め事になってしまうような職場もあるようですね。しかし、揉め事にならず、先輩看護師に助けてもらい、仕事がスムーズにできているようであれば困った時には頼って良いと思いますし、助けてもらったら感謝すれば良いと思います。助けてもらわないように意地を張って自分だけで仕事をしてしまっても反対職場に迷惑をかけることになるし、後輩を助けてあげなければいけないなどと言ったプレッシャーも持つ必要がありません。

年齢や経験に関わらず、ギブ&テイクの状態をキープしながら仕事ができるのはもっとも素晴らしい環境だと思いますから、看護師を現在も続けているのはとても正しい選択だったのではないかと思います。先輩に助けてもらうのは恥でもなんでもないし、看護師に関わらず、また年齢や立場に関わらずギブアンドテイクの関係というのはどこにいても成立するものですから、必要以上に負い目に感じる必要はありません。