自分の看護に疑問を感じた

看護師が接する患者さんというのは1人だけではなく、本当に沢山の患者さんがいるので、一人一人の患者さんに対して患者さんの性格なども把握しながら看護を行っていかなくてはなりません。しかしすべての患者さんがしっかりと私たち看護師や医師などの理解してくれるわけではなく、もちろん私たちの考えや思いがうまく通じないときもあります。まだ私が新人だった頃、上手に信頼関係を結ぶことができずに自分の看護に疑問を感じてしまったり、不安を感じてしまったりしたために、早いうちに看護師を辞めたが良いのではないかと思ってしまったことがあります。

でもやっぱりこんなとこでくじけていてはダメなので、努力してきた意味が無くなってしまうと思いそれからも多くの患者さんと向き合いながら涙を流したり、くじけそうになったりしましたが、現在があります。あの時看護師を辞めなくて良かったと思っていますが、患者さん一人一人と向き合いながら、しっかりとお互いに理解しあうというのは本当に難しいことだと思います。今でもうまくコミュニケーションが取れない患者さんも多いし、こればかりは仕方がないことですよね。全ての患者さんに好かれようと思っていた私がいけなかったのだと思います。例え患者さんに好かれなくても私は精一杯に看護を行っていればそれだけで良いのだということが最近になって分かってきました。

患者さんに好かれることは意識せず誠心誠意を尽くす

患者さんに嫌われたら看護が難しくなってしまうと思い患者さんに好かれるように頑張ってしまう看護師さんもいるようですが、そもそも患者さんに好かれると言っても必要以上に好かれてしまうと患者さんが退院するときに寂しい思いをさせてしまうことになりますので、ある程度の距離感は必要だと思います。その中で看護を行っていく上でどのように接していけば良いのかを考えなくてはなりません。

もちろんうまくコミュニケーションをとることができない患者さんなどが入院してきた場合には悩んでしまうこともありますが、例え患者さんに冷たくされても看護師は常に笑顔で誠心誠意を尽くしていくのがお仕事ですから、焦ったり、自信を失ったりするような必要はないと思います。それよりもまずは一つ一つの仕事をしっかりと責任を持ってこなし、患者さんの小さな変化にも気づいてあげられるような看護師を目指していくと良いでしょう。