先生のモラハラ

私は前に働いていた職場で本当に看護師を辞めたいと思ったことがあります。それは何故かというと、仕事が嫌になってしまったのではなく当時の職場で働いていた医師のモラハラがひどくて看護師を続けていくことに嫌気が差してしまったんです。医師も様々な患者さんと接していく中でストレスがたまってしまうのはわかりますが、だからといって看護師に対してモラハラをして良いということにはなりませんよね。その医師は私だけではなく他の看護師に対しても顔を見れば何かにつけてモラハラだと思えるような発言を繰り返していて、ほとんどの看護師に嫌われていました。

しかし大きな問題にしてしまえば当然病院は閉鎖に追い込まれてしまいいますし、その際に入院している患者さんのことを思えば大きな問題にすることもできず、私は転職を考えました。今働いている病院ではモラハラだと思うような事も一切ありませんし、とても働きやすい環境なのですが、当時は本当に毎日仕事に行くのが苦痛で看護師をやめようと思っていました。タイミング良く転職サイトを知り、アドバイザーさんに話を聞いてもらった結果転職先を紹介してもらうことができたのですが、あの時タイミングよく転職サイトを知ることができたのもひとつの運命だったのだと思い、現在では、看護師の仕事を楽しみながら精進しようと思って頑張っています。

医師からのモラハラやパワハラは多い

一般企業でも上司によるモラハラやパワハラなどは見かけることがあると言われているのですが、特に医療業界の場合には医師から看護師に対するモラハラやパワハラが多いなどと言われています。本来であればあってはならないことなのですが、どうしてもストレスを抱えてしまう職業ということもありますし、例えば少しやり手で他の医師からも一線置かれているような看護師の場合にはあまり人気のない医師から妬まれてしまいモラハラを受けるなんていうこともあるようです。

単純に医師から嫌われているだけでなく妬まれていたりする場合にはもちろんモラハラやパワハラは治まることはありませんよね。医師という職業は患者さんからとても尊敬されたり信頼されたりする職業ですが、中には本当に人間としての器の小さな医師もいるようです。そういった医師が働く病院ではなく、現在のように働きやすい病院を見つけることができたのはタイミングが良かったのではないでしょうか。モラハラやパワハラを我慢しているとストレスが溜まるばかりではなく本来の自分のために、そして患者さんのために頑張っている看護師の仕事そのものが嫌になってしまいますね。